ネガティブな発言

キャバクラ遊びというものは、何歳になっても男性にとっては楽しい場所になるかと思われます。
一般的に40歳前後になれば、中年と呼ばれる年齢層になってきます。
キャバクラというお店は若い女の子が中心になって働いているのが特徴になります。

10歳も20歳も歳の離れた女の子との会話なんて盛り上がらないだろうと考えてしまいますし、むしろ歳のいった男性とも話したくないだろう、などというようなネガティブな考えをしてしまう人も決して少なくはないはずです。
歳の離れた女の子との会話で、最もいけないとされているのが、お客様自身のネガティブな発言だといわれています。
自分のことを「オジサン」と言ってみたり、「オジサンだから話についていけない」といったような発言は、女の子にとっても気分が下がってしまう発言となってしまうのです。

正直な話、女の子というのは男性と違って、恋愛対象に歳の差なんて関係ないと思っている女の子がほとんどなのです。
いくら40代の男性であっても、子供は十分に作れますし、結婚相手としても全然範囲内の年齢だと考えているものです。
「オジサン」というネガティブな考えではなく、大人の魅力あふれる男性として女の子にアピールすればいいと感じます。
自分で、「オジサン」と言っている男性は、たとえ20代であってもくたびれ、疲れ果てているように見えるものなのです。

女の子は年上の男性のことを、少なからず自分よりも経験豊富な生き方をしていると思うのですから、ネガティブな考えを捨て、その女の子の知らない世界の話をしてあげることで大人の魅力が出せるはずです。



▽特選リンク
キャバクラ、ガールズバー、クラブ、スナックなどの高収入求人情報サイトです ・・・ キャバクラ 求人情報

Copyright © 2014 キャバクラでの40代男性の会話術 All Rights Reserved.